25歳にして薄毛に悩む男が復活を期すブログ

父・両祖父がハゲているという、隔世遺伝関係なしの薄毛サラブレットである25歳男が最後のあがきを試みるブログ。

自己紹介①〜前方からの侵略〜

こんにちは、yamataniです。

 

語るに足ることなど特にありませんが、

見ていただける皆様にとって多少なりとも参考になるかと思いますので、

簡単に自己紹介をさせていただきます。

前方からの侵略に気がついた件についてです。

 

平成5年生まれ、男です。

幼少期から高校まで野球をしていました。

そのため、平均より被り物をする時間は多少長かったと思います。

 

プロフィール欄にある通り、父・両祖父ともに、平均以上の薄毛であるため、

巷では「ハゲは隔世遺伝だ」と言われたりもしますが、私にとってその言葉は意味をなしません。

 

また、同様にしっかり薄毛の遺伝子を受け継いでおきながら、

二つ上の兄は額が狭く、一本ずつの毛もたくましいため薄毛に悩むことはないことから、

遺伝子はどうやら私が一手に引き受けているようです。

衣食住に不自由ない人生に文句を言うのは傲慢かもしれませんが、

神は時に残酷です

 

初めて薄毛の予兆に感づいたのは、高校生の時でした。

ある日部活からの帰宅途中、背中から夕日を受けていました。

 

f:id:yamatani01:20190108010541j:plain

こんな感じで立ってました。

 

ふと影に目を落とすと、その影が不自然な形であることに気がつきました。

野球部であるため坊主頭であった私は、基本的には影は柔らかな弧を描くはずです。

 

f:id:yamatani01:20190108010617j:plain

矢印部は頭頂部というよりは生え際ですね。

 

しかし、そこにできていた影は下のようでした。

 

f:id:yamatani01:20190108010614j:plain

期せずして卑猥な形に。

 

経験のない方はピンとこないかもしれませんが、

このくぼみは、額の両サイドの毛がなくなったためにできたものです。

 

いわゆる「M字ハゲ」の気配を察知した瞬間でした。