25歳にして薄毛に悩む男が復活を期すブログ

父・両祖父がハゲているという、隔世遺伝関係なしの薄毛サラブレットである25歳男が最後のあがきを試みるブログ。

薄毛の原因

こんにちは、yamataniです。

 

先週はバタバタしており、結局現状どの病院・クリニックにも訪問できておりません。

したがって、今日時点では病院・クリニックのレビューやフィードバックからの考察ができません。

 

本日はあらためて初心に帰り、薄毛になる原因をまとめてみたいと思います。

 

 

遺伝

これをいっちゃあおしめえよという感じですが、これのせいにして諦めることなくちゃんと向き合うことが大事かと。ある研究によれば、男性脱毛症の70~80%はこの遺伝によるものであるとも。ただし、その遺伝子を調べることで、男性ホルモンの影響の受け方を調べることができるとのことで、治療方針も各自にあった形で行われるそうです。

男性ホルモン

これは、「遺伝」とも関連します。男性ホルモン(テストステロン)は、ヒゲや体毛などの成長を促進しますが、頭髪については成長を妨げます。毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を萎縮させるらしいです。そして、男性ホルモンに影響されやすい体質か否かが遺伝してしまうのです涙

ストレス

ストレスによって、自律神経やホルモンバランスを乱れると、血流が悪化するため毛根に栄養素が流れない、ということのようです。また、髪が「休止期」になってしまうというリスクもあるようです。髪は「発生期」「成長期」「後退期」「休止期」を1サイクルとしますが、自律神経のバランスが崩れると、「休止期」で止まってしまうのです。

生活習慣

運動不足により肥満になるとします。内臓肥満は、栄養を頭皮に届けにくくしますし、高血糖・高血圧は血行の悪化と体の老化を進めます。喫煙などもってのほかです。タバコには発がん性がありますが、がん化を防ぐために、多様なビタミンが消費されます。当然、頭皮に届けられるビタミンも減ってしまうので、脱毛が進みやすくなります。

食事

髪の生成には、ビタミンやミネラルなどの栄養素が必要で、食生活の乱れなどから、十分に摂取されないことが多いです。また、脂質や塩分を過剰に摂取してしまうと、髪の毛穴がふさがってしまったり、血行の悪化から栄養が行き渡らなくなってしまうことがあります。過度な飲酒もよくありません。臓器にダメージを受けると、栄養供給が少なくなると同時に、動脈硬化の危険性もあるためです。バランスの取れた食事は、頭髪への十分な栄養素の生成、その運搬といずれの面からも必要なのです。

血行不良

頭髪は、毛乳頭というところにある毛細血管から栄養を補給して成長します。血流が悪くなるということは、頭髪に運ばれる栄養が少なくなるということなので、当然頭髪の成長鈍化につながります。「頭と指先でトントン叩くと血流がよくなり髪の毛が生える」という言説がまことしやかに流れておりますが、この効果については諸説あり手放しで推奨はされないかと思います。

頭皮環境

血行不良ともつながる話かと思います。頭皮環境は、内的なものと外的なものがあります。前者は偏った食事により頭皮に皮脂がたまるなど、体の中の状態から生じるもので、後者は汗をかいたまま放置しておくことで頭皮に雑菌が湧いてしまうなど、頭皮の表面と外部環境の関係の中で生じるものです。過度な頭皮マッサージや、体に合わないシャンプーの使用などの不適切なヘアケアも、外的な要因になりえます。

季節

冬は夏に比べて空気が乾燥しているため、頭皮の角質がフケとなってたまりやすくなります。フケの溜まった不衛生な頭皮環境は、抜け毛の原因となります。一方、夏は暑く汗を書きやすいため、頭皮が温度・湿度ともに高い状態のままにされる状態がながく、それも薄毛の遠因となります。また、夏の紫外線は冬の紫外線の3倍以上強くなり、髪を構成するメラニンを分解するなどの直接的なダメージを受けやすくなります。季節によってリスクが異なるので、それに応じた対策が必要です。

最後に

要するに、心身に悪いことはするなよということかと思います。バランスの取れた食事・ストレスのない生活が基本で、加えて清潔な頭皮環境を意識することが大事とのことです。目新しいことはないですが、何事もそういうことなのでしょう。

 

〈参考資料〉

あなたはなぜ薄毛になるのか? 今すぐ知っておきたい12個の原因 - 薄毛でかっこいい髪型ならMENS HAIR.jp

薄毛の症状・原因|くすりと健康の情報局

薄毛(うす毛)の原因は大きくわけて4つ|薄毛治療のヘアメディカル